お手軽に硬いお肉も柔らかく

お肉はちょっとした値段の差によって、かなり質に違いが出て来るのは主婦なら誰でも知っていること。その中でも特に「硬さ」は値段によってとても違いが出るものです。安いお肉はどうしても硬さが出て、食べていて口当たりが悪いものです。

でも、最近はそんな硬いお肉を柔らかく調理する方法が結構紹介されたりしています。いわゆる「低温調理」というもので、お肉を茹でる際に熱する温度を低くすることで、タンパク質の凝固を緩やかにして、柔らかいままで過熱出来るわけです。

でも低温調理は温度調節が結構面倒で、見ていないと吹きこぼれたりすることもありますし、お鍋でやっているとコンロの場所も長時間取ります。勿論、ある程度放置出来ないこともありますが……。

そんなデメリットもなくはない低温調理ですが、もっと簡単に出来る方法があります。しかも使用する調理器具は既にどの家庭にもあるものですから、余計な出費も必要なし!

それは何かと言えば、炊飯器の保温機能を使えばいいのです。これなら放置しておいても温度調節は勝手にやってくれますから、お手軽に調理出来ますし、場所も既に炊飯器がある所だけで済みます。

唯一の問題はお釜に臭いが付くことですが、これはお肉を過熱調理でも使えるビニール袋に入れて放り込めば良いのです。お肉の旨味も水に溶け出さないので一石二鳥の方法と言えます。是非お試しください。

料理の時短を目指してみました

料理はどちらかというと好きなほうではありますが、毎日バランスを考えながらの料理は時間がかかります。料理を手抜きしたくはないけれど、しっかりと栄養も考えて食べるために何かいい方法がないかと調べてみたところ、つくおきというものが流行っているのを知りました。

つくおきというのは、作り置きおかずのことなのですが、一品自体が数分から10分程度で作れる簡単で日持ちするおかずを何品か作っておいて、料理のたびに少しずつ取り分けて食べるのです。

作り置きしておくだけという手軽さですが、少し彩りが足りないなという時にちょっと添えるだけで簡単に見た目もきれいな料理が出来上がってしまいます。

実際試しに作ってみたのですが、小一時間で五品ほど出来てしまいました。

ただ全てを毎回出してしまっては飽きもきますし、家族にも指摘されてしまいますので、出し方にも工夫は必要です。

お弁当を作る時にもこのつくおきをおかずに入れたら、後は卵焼きを焼いてメインでかなり豪華なお弁当が完成します。

暇な時にあらかじめ作っておくという文化は考えてみれば、祖父母の時代にはあったものです。小鉢で色々な料理が出てきましたよね。

それを思い出しながら、週末にはつくおきのおかずをせっせと作って、日々の料理のしたくではほんの少しだけ時短することが出来ています。

フィスラーのフライパンって難しい!

調理器具っていろいろありますよね。私は外国製のおしゃれなキャセロール鍋とか、かわいいヤカンとか、ブランド食器などをキッチンに並べるのが大好きです。面倒な夕食作りも、素敵なキッチン用品に囲まれているだけでテンションが上がりませんか?

ところが一つ、困っていることがあります。それは、フライパンです。フライパンも外国製のものが欲しくて、フィスラーのものを買いました。フィスラーのフライパンってなんか見た目が高級イタリアンレストランにぶら下がっていそうな雰囲気でかっこいいんですよね。私はあえて見た目で「コーティングなし」の方を買いました。しかし!これが間違いでした。コーティングなしなので、もちろんよくよく熱しておかないとくっつきます。目玉焼きもハンバーグも全部ボロボロにくっついてしまうのです。もうせっかくのお料理が台無しです。剥がすのも一苦労。目玉焼きは炒り卵に、ハンバーグはそぼろ状態になってしまいました。インターネットで調べると、最初に煙が出るくらいに熱しないといけないらしいのですが、これが結構怖くてできないんですよね。はぁ、やっぱり無難にコーティングありの方にしておけばよかった。見た目で選んじゃだめですね!

小さな引き出し

先日、デパートで可愛らしい小さな木の引き出しを買いました。高さが11センチ、幅は10センチ、奥行きも10センチくらいの、机にちょこんと乗る2段の引き出しです。何か特に入れたいものがあったわけではありません。でも、なんだか引き出しって好きなんです。

しばらくは机の上や飾り棚の上に、ただのインテリアとして置いて眺めていました。でも、さて何を入れたら良いものか…。私が小さなお人形さんになれば、お洋服を畳んでいれるところなのですが。

しばらく考えて、まずは上の引き出しにマッチ箱くらいの箱に入ったシールのセットを入れました。それから、小さなダックスフントのぬいぐるみ。これは子供の頃から大事にしています。体長4センチのワンちゃんです。それから、ドングリを一つと栗の実の赤ちゃん(5ミリ位)を2個。コマとバッチを一つずつ入れました。

そして、下の引き出しには上に入れた小さなダックスフントの色違いのぬいぐるみ。そして、昔祖母が作ってくれた貝の飾り物。これは、小さめのハマグリが花柄の布でくるまれているものです。それから、木の実で出来た小さなイノシシ。カチャカチャで出た小さな熊…。

とりあえず、こんな感じでおさまりました。私以外は価値がよく分からないものばかりですが、たまに覗いてみると可愛くてほっとします。冬には、中に敷物を敷いて温かくしてあげようと思っています。

岩盤浴のお供に水素水

最近、仕事終わりの岩盤浴にハマっています。普段の生活では、なかなか汗をかくことがないので、汗を流すととってもすっきりします。私は普段なかなか水分をとらないのですが、汗が沢山出るので、その分、喉も渇き、沢山水分補給をします。

そんなときに、気になっているのが、水素水です。汗を沢山出して、体内の老廃物を出すのなら、少しでも効率よく悪いものを出しきりたいと思ったからです。綺麗なモデルさんや女優さんもよくテレビやブログでおすすめしているので、とても気になって、水素水の効果やどの水素水がよいかなど、水素水着ついて調べたりもしました。

知れば知るほど、健康にも美容のもよい抗酸化食品の一つであるということがわかり、気になる一方です。私は飽きっぽく、流行りに飛び付いては、すぐにやめてしまうことが多いのですが、水素水なら、ただ飲むだけなら簡単に始められるし、続けられそうだなというのも、水素水が気になる大きな要因です。きっと、次に岩盤浴に行くときは、水素水持参してるだろうなと思います。

日々の節約努力が水の泡に…

ちょっといいものを食べたり、旅行に行きたいと思い、節約をし始めました。

毎日のちょっとした積み重ねで、チリも積もればと思い、頑張っています。

平日、1人で家で過ごす時は出来るだけ、エアコンを使わないようにしたり、

電気をしっかりと消し忘れないようにしたり…。

自分でも意外と節約が向いているのかもしれないと感じています。

ところが、その一方でその努力を無駄にしてしまう人がいるのです。

それが夫です。

夫は、帰ってくると全ての電気をつけて、そのまま寝てしまいます。

私が先に寝てしまった休前日には、「毎日の苦労が…」という感じです。

休日の朝に起きてみるとこうこうと明かりがつき、テレビ、エアコンがつけっぱなしで、

リビングで寝ていたりするのです。

日々の積み重ねがここでゼロになってしまうのです。

こんな事が何度もあり、夫がリビングで寝ていないかを途中で起きて確認するようになってしまいました。

夫にとっては、ちっぽけな額かもしれませんが、生活費を任されている私にとってはかなり重要な事です。

それを主婦仲間に話したところ、やはり同じような経験があるようです。

なんとか、他の節約法も考えていきたいと思います。

パートでも探しに行こうかなと…。

ゴジラで家計壊滅

とあるものにハマったら、飽きるまでずーっとそればっかりでいく人っていますよね?
うちの旦那さんがまさにそう。
このお酒が美味しい!と思ったら、ずーっと同じものを毎日飲んで、このおかずが美味しい!って思ったら、毎日作ってくれと要求してきます。
そんな旦那さんがただいま絶頂にハマっているもの…それは「シン・ゴジラ」。
「男の子はみんな怪獣映画が好きなんだよ」なんて言いながら、一人で観に行ってドハマりしてしまったらしく…7月に6回、8月に5回、もうさすがに上映している映画館も少なくなってきたから終わりかなぁ?と思っていたら、隣の県にまで足を運んで観に行ったり…。
仕事の帰りが遅いなぁと思ったら、「今日は○○まで観に行ってきたよ。映画館が違うとまた雰囲気が違うよね。」って言って、今回見て気付いた「シン・ゴジラ」の話を聞かされます。
私は見た事ないんですけど、もう大体のストーリーはわかるという(笑)
しかし、それだけ見るとお金も結構かかるんですよね。
しかも、映画の日とか、映画館が独自に設けている安く観れる日とか関係なく、普通に定価の1,800円で観に行くもんだから、凄い出費…。
ゴジラに東京壊滅される前に、うちの家計が壊滅状態になりそう…。
私、映画っていつ、何を観たのが最後かなぁ…(泣)
テレビで放映されるまで待とう…(苦笑)